ライターで稼ぐ

記事作成代行を格安で依頼する3つの方法!ライター外注のコツとは?

あなた
あなた
・運営メディアの記事作成を代行したい
・できるだけ格安で制作してほしい
良質なWebライターはどこで手に入るの?
テツヤ
テツヤ
こんにちは。プロWebライターのテツヤです。
今回はあなたのそのような悩みを解決します。

運営メディアの質を上げるためには、メディア内コンテンツの充実が欠かせません。

コンテンツの充実=良質な記事の量産です。

しかし、良質な記事の量産には、膨大な時間と労力がかかってしまうのも事実。

そこで使えるのが「記事作成の代行」「ライターの外注」です。

運営メディアの記事制作を他に依頼することで、効率的にクオリティの高い記事の量産が可能となり、記事作成に割くための時間も浮かせられます。

とはいえ、

あなた
あなた
どのようにして外注をしたらいいのか分からない

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、

  • 記事作成代行を格安で依頼する方法
  • Webライター外注時の注意点

の2つにフォーカスして、プロWebライターのテツヤが解説をすすめていきます。

本記事を読めば、安心して記事制作を依頼できるサービスやWebライターが見つかるはずです。

記事作成代行を格安で依頼する3つの方法!ライターを外注するならココ!

それでは、さっそく記事作成代行を格安で依頼する方法を紹介していきます。

記事作成代行を依頼する主な方法は下記の3つです。

  • 個人ライターへ直接依頼
  • クラウドソーシングでの募集
  • 記事作成代行サービスの利用

どちらも人気の依頼方法ですが、それぞれ特徴があるので理解しておきましょう。

それぞれの特徴を記載した表が下記になります。

依頼方法による特徴の違い

表だけ見ると分かりづらいかと思うので、各方法の特徴やメリットをこれから解説していきます。

個人ライターへの直接依頼

格安で記事制作代行を依頼する1つ目の方法が、個人ライターへの直接依頼です。

信頼できる個人ライターを見つけて、直接メッセージを送ってみましょう。

個人への依頼なので企業に依頼するよりも単価が格段に安く、文字単価3円~でも依頼可能です。

例として、現役で活躍する有名な個人ライターの方々を紹介しておきます。↓

↑上記の方々はWebライター界隈でも信頼度が高い3人で、間違いないクオリティの高い記事を納品してくれます。

SNSや各個人のブログから依頼可能です。

ただし、人気すぎるライターは常に依頼が舞い込んでいます。

そのため、依頼を受け入れてくれなかったり、単価が高かったり(文字単価10円~も珍しくない)などのデメリットもあります。

もし文字単価3円~で信頼できる個人ライターに依頼したいのであれば、ツイッターや個人ブログなどから有名すぎない(でも上級者の)Webライターを探してみましょう。

ちなみに、依頼できるサービスの範囲はライターによって異なります。

メディアの管理やSEO対策まで可能なライターもいれば、指定されたキーワードの記事作成だけが可能なライターまで、サービス範囲はさまざまです。

まずは依頼したい範囲を決めて、そのあとにWebライター個人へ対応可能かどうかを聞いてみるとよいでしょう。

PRにはなりますが、本ブログを運営している「金城テツヤ」も、文字単価2円からお仕事をお受けしています。

Webライター:金城テツヤ

本ブログには私のポートフォリオも載せているので、金城テツヤに記事作成代行を依頼したい方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

クラウドソーシングでの募集

クラウドソーシングでの募集も、一般的な記事作成代行の依頼方法です。

クラウドソーシングには数えきれないほどのWebライターが登録していて、サイトでライターを募集するとすぐに応募が殺到します。

利用者が多い定番のクラウドソーシングサイトは2つです。

テレビCMで見かけた人もいるのではないでしょうか。

クラウドソーシングサイトは誰でもすぐに使うことができ、ライターの応募と採用も難しくありません。

しかし、ライターの質にはバラつきがあり、ほぼ未経験の初心者ライターもいれば、大手企業から仕事をもらっているベテランライターまで幅広いのが現状です。

残念ながら、Webライターの募集をしてすぐに応募をしてくるのは、ほとんどが初心者~中級者までのライターです。

そのため、安心して依頼できるWebライターの確保は簡単ではなく、依頼者側にはライターの取捨選択をするスキルが求められます。

クラウドソーシングを利用する場合は、ライターを教育する覚悟と、Webライターに負けないほどの知識が必要です。

とはいえ、いつでも気軽に応募できるのはクラウドソーシングのメリットなので、登録だけでもしておくとよいでしょう。

ランサーズの登録はこちら
クラウドワークスの登録はこちら

記事作成代行サービスに依頼する

「個人ライターへの直接依頼」
「クラウドソーシングでの募集」

の2つは、結果的に個人へ記事作成を依頼することになります。

しかし、記事作成やメディア運営の代行を、専門の企業へ依頼することも可能です。

記事作成代行サービスは日本にも多くあり、他の2つの方法より安心して依頼できます。

有名な記事代行サービスは下記の3つです。

記事作成代行サービスはサービス範囲が広いのも特徴で、場合によってはメディア管理やSEO対策も任せられます。

安心度やサービスの範囲は、記事作成代行サービスが圧倒的です。

ただし、記事作成代行サービスには、値段が高いという唯一のデメリットがあります。

企業がサービスを提供しているので、文字単価最低5円~、最低受注額は30万円~と決められていることも珍しくありません。

お試しや格安依頼などで気軽に利用できず、記事作成代行サービスを利用するのであれば、高額な予算が必要です。

お試しや格安で依頼したいのであれば、個人ライターへの依頼か、クラウドソーシングを利用するようにしましょう。

記事作成代行・ライティング外注を依頼する前に確認しておきたい3つのこと

記事作成代行やライティングの外注は、社内で記事を作成するよりもトラブルが起きる可能性が高いといえます。

トラブルを0にするためにも記事作成代行を依頼するときの注意事項を確認しておきましょう。

ここで紹介する3つのポイントを確認しておけば、スムーズに外注依頼が可能です。

予算と文字単価の設定

ライターへ記事制作を外注するときは、予算と文字単価を決めておきましょう。

質の低い記事でよければ文字単価1.0円~でも初心者ライターに依頼できますが、質の高い記事を求めているのであれば文字単価2.0円~が相場です。

文字単価2.0円であれば5,000文字の記事1つで1万円です。

1ヵ月に4記事を依頼するのであれば、月に4万円の支出となります。

とはいえ、文字単価は依頼先によって大きく変わります。

先ほども述べたように、記事作成の代行サービスであれば文字単価5.0円~も珍しくありません。

本記事を書いている私(金城テツヤ)であれば、文字単価2.0円~からお仕事を承っています。

1ヵ月にかけられる予算から依頼する文字単価や記事数を割り出し、依頼時に伝えるようにしましょう。

マニュアル・レギュレーションの作成

一口に「記事作成」といっても、記事の内容や質はメディアによって違います。

あなたが普通と思っている記事は、Webライターにとっては普通ではないかもしれません。

そのため、あらかじめマニュアルやレギュレーションを作成しておくようにしましょう。

たとえば、↓下記のような項目を決めておくと、Webライターも求められている記事を書きやすくなります。

  • ターゲットは誰か
    (企業向け、一般消費者向けなど)
  • 文章のかたさ加減
    (ですます調、カジュアルに書くなど)
  • 細かな文章スタイルの決定
    (!や?の使用禁止、3行目で改行など)

または、あらかじめ見本となる記事を用意しておいて共有すれば、ライターは安心です。

マニュアルやレギュレーションも、依頼と同時に示しておくようにしましょう。

信頼できるかどうかが最も重要

記事作成代行を依頼するときは、信頼できるかどうかが最も重要です。

たとえばクラウドソーシングでは文字単価0.8円~でも仕事を受けてくれるライターは多くいます。

しかし、超格安で依頼できるライターは、途中で音信不通になったり、質の悪い記事を納品してきたりするリスクも高いのです。

格安で依頼できても、期待どおりの仕事ができなければ、結果的に採用の時間やコストを無駄にすることになります。

記事作成代行を外注依頼するときは、「信頼して依頼できるか?」を重視するようにしましょう。

記事作成代行・ライターへの外注は面倒?実はメリットが多いんです

記事作成代行やライターへの外注について調べると、事前に決めておく項目も多いので「面倒だな」と感じることもあるかもしれません。

しかし、慣れるまでは大変でも、信頼できるWebライターを見つければあとはメリットのほうが多くなっていきます

ここでは記事作成代行・Webライターへの外注を依頼するメリットを紹介していきます。

コンテンツを効率よく増やせる

外注化の最大のメリットは、コンテンツを効率よく増やせることです。

メディアの充実=記事の数といっても過言ではありませんが、記事を増やすのは予想以上に労力と時間がかかります。

しかし、記事作成を代行してもらうことで、依頼者側はなにもしなくてもコンテンツを効率的に増やすことが可能です。

コンテンツを増やすことでユーザーの獲得につながれば、結果的に外注費用よりも高い利益を得ることができるでしょう。

空いた時間を他の業務に充てられる

社内や個人で必死に記事を増やすよりも、記事作成は他に任せて、空いた時間を他の業務に充てたほうがメリットが多くなるかもしれません。

空いた時間でお客様のサポートやサービスの改善など、自分にしかできない業務に力を注いでみてはいかがでしょうか。

その道のプロなので安心して任せられる

税金の問題を税理士に任せるように、記事作成もその道のプロに任せておくと安心です。

ただの文字の羅列であれば誰でも書けます。

しかし、結果が出る質の高い記事は一流のライターにしか書けません。

質の高い記事を書くには多くの経験と知識が必要なのです。

普段、何気なく読んでいるWeb上の記事も、実は経験と知識に裏付けされた「読者を満足させる記事」になっています。

記事作成代行を外注すれば、一流のライターに記事を作ってもらえるので、不安なくメディアのクオリティアップを期待できます。

メディアのクオリティは顧客獲得&利益に大きく影響する要素なので、積極的にプロへ依頼しましょう。

まとめ:記事作成代行は格安でも依頼できる!ライターを外注して効率アップを目指しましょう

ここまで、格安で記事作成代行を依頼する方法やWebライターを外注する方法を解説してきました。

依頼方法をしっかりと選べば、格安でも記事作成代行は可能です。

ライターを外注すればメリットは多いので、積極的に依頼してみてはいかがでしょうか。

本ブログを運営している金城テツヤもライティングのご依頼を受け付けています。

Webライター:金城テツヤ

ポートフォリオはこちら
お問い合わせはこちら

ささいなご質問やご相談もお気軽にお問い合わせください!

最後までお読みいただきありがとうございました!